心の癒し、メンタルに効く東洋医学・漢方


医師が教える!薬を飲まずに、うつ、パニック、不安から解放される方法

医師によるヒプノセラピー京都
医師の施術で催眠暗示療法・前世療法・インナーチャイルドセラピーを受けてみませんか?

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、
虚証(体質の虚弱な疲れやすい人)に対する処方で、
不安感の強い人の動悸、神経質、不眠症などに使います。


漢方でいう実証の人(体力があり熱を持ちやすい人)は、
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)のほうがあっています。


この桂枝加竜骨牡蠣湯は、EDや多夢にも使います。
精神的なストレスが強くてEDになっている場合に効果があります。
多夢もストレス、心労から来ますが、気の巡りを整えることで症状を改善させます。
処方に含まれるケイシ、リュウコツ、ボレイはいずれも精神の不調に効く生薬です。
パニック障害の初期などの動悸にも効きます。


※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

多夢 ED 精神不安関連エントリー

うつ病 神経性食思不振症
うつ病について。神経性食思不振症について。
自律神経失調症
自律神経失調症に対して、東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
心悸亢進(動悸)
心悸亢進(動悸)の症状に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
不眠症 不安神経症
不眠症 不安神経症に対して、東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
ヒステリー
ヒステリーの症状に対して東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
ノイローゼ
ノイローゼの症状に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
どもり チック症
どもり チック症に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
性的神経衰弱
性的神経衰弱に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
精神分裂病(統合失調症)
精神分裂病(統合失調症)に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
心臓神経症
心臓神経症に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
神経性嘔吐
神経性嘔吐に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
神経症 喉頭神経症
神経症 喉頭神経症に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
恐怖症 健忘症 イライラ
恐怖症 健忘症 イライラ に東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
自閉症
自閉症についての情報をまとめました。
引きこもり
引きこもりの原因と治療法について。
うつ病と冷え性
うつ病の原因のひとつに体の冷えがあると東洋医学では考えています。
発達障害
発達障害は非定型発達とも呼ばれています。障害というとらえ方は適切でないとする見方もあります。
起立性低血圧・起立失調症候群
症状、疾患名からみた東洋医学や漢方を活用していくための情報をまとめました。
うつ病の増加
うつ病が増加している原因について
うつ病と低体温
低体温の人はうつ病になりやすいことがわかっています。
新型うつ(非定型うつ)
新型うつ(非定型うつ)について理解を深めましょう。
不眠症
不眠症は睡眠薬などに頼らずに治すことができます。薬を使わない不眠解消法について。